意外なエステサロンの真実~エステ業界に転職する際は注意が必要~ 意外なエステサロンの真実~エステ業界に転職する際は注意が必要~

増えるエステサロンと離職率~転職は慎重に~

エステ業界に転職する際の注意点

エステ業界は資格がなくても働けるので気楽に就職することができます。しかし、エステ業界にもそれなりに大変な一面もあるのです。その一面も知った上で転職を考えるようにしましょう。

エステ業界に関する疑問

エステ業界は現在どのような状態になっていますか?
ここ数年エステサロンが増えてきたこともあり、価格競争が激しくなってきている状態です。価格競争といえば、身近で誰もが利用しているスーパーを連想する人もいます。実際にそのスーパーと同じように、提供するサービス価格が安くなってきているのが現状なのです。このような状態になってしまうと、店舗展開やリピーター数の増加などが必要不可欠となってきます。そうしなければ、経営状況が厳しくなるのが現在のエステ業界です。
エステサロンの数が増加しているのは本当ですか?
本当です。エステサロンは増加しており、今ではあちこちで見かける機会も増えてきていることでしょう。増えてきた理由としては、エステサロンが開業しやすい環境にあることが一番といえます。それに加え、女性がエステサロンを利用する頻度が高くなったことも理由といえるでしょう。近頃は男性も美容に関心を持つようになったことから、メンズ専門のエステサロンも登場しています。
格差が激しいという噂は本当ですか?
残念なことにエステ業界では格差があるのは本当です。末端の人間と上層部の人間とでは給料面で大きな差があります。しかし、上層部にいる人も元は下働きだった人が多く、そこから這い上がってきた人たちばかりです。裏を返せば、みんな平等にチャンスが与えられている環境ともいえるでしょう。

離職率の高い仕事でもある

エステティシャン

毎年エステ関係の仕事に就く人も多いです。求人もそれだけ多くあるので、エステ業界へ転職できるチャンスは誰にでもあります。これ自体は素晴らしいことなのですが、求人が多くあるということはそれだけ多くの人が離職しているということでもあるのです。

エステ系求人の離職率が高い理由

業務内容がかなりハード
エステティシャンといえば、どこか華やかなイメージがあります。しかし、実際は結構ハードな仕事といわれているのです。何がハードかというと、マッサージや雑務、時間的なものが挙げられます。営業終了時間が遅いというのは仕方ないとして、問題はマッサージで必要な体力です。ずっと手を使った作業になるので指や腕がかなり疲れます。ハードといっても仕事で楽なものはありません。そのため、新人時代は苦労しますが、経験を積むことで慣れてくるようになります。
売上ノルマの存在
以外かもしれませんが、エステティシャンにはノルマが存在します。これはすべてのエステサロンで存在するものではなく、一部のエステサロンでしか存在しません。ノルマが課せられると心理的な負担も大きくなるため、それに絶えられず転職し離職率の高いサロンも当然あります。しかし、これはどんな業界の企業にでもあることなので、ブラックと呼ばれるような場所へ就職しなければ特に問題はありません。
職場での人間関係
エステサロンはその仕事柄、多くの女性が活躍する職場でもあります。しかし、職場に女性しかいないと、人間関係で無理をしてしまい、疲れ果てて仕事どころではなくなる人も少なからず存在しているのです。このように人間関係で悩んでしまうこともありますが、要領よく立ち回ることができればその問題も解決することができるでしょう。
TOPボタン