意外なエステサロンの真実~エステ業界に転職する際は注意が必要~ 意外なエステサロンの真実~エステ業界に転職する際は注意が必要~

エステで働くことで成長する~今の仕事がきついなら転職しよう~

転職でエステのやりがいを体感

エステティシャンという仕事はやりがいがある仕事だといわれています。離職率が高いという現状があるにも関わらず、エステティシャンへと転職をする人の多さが意味するのは、そのやりがいを体感したいことにあるといえるでしょう。

独自のサービスを作り出せる

女性

初めての時は何が何なのかよく分からないままマニュアルに沿って仕事を進めていきます。最初は肉体的にも辛く大変ですが、数をこなすことで慣れていくのです。慣れるまではお客さまへのサービス精神というものも特になくざっくりとした接客になる人も少なくありません。しかし、最初はそれで良いのです。日本の伝統芸能で「守破離」という言葉が存在します。最初は型を守り、その後に型を破る、そして離れるというようなニュアンスが込められたこの言葉は、後の自分の成長へ関わってくる重要な思考となるのです。ある程度会社が用意したマニュアルに沿って仕事に慣れた後は基礎ができあがっていることでしょう。そうしたら今度は挑戦です。型を「破る」という段階に入ります。そうやって自分の経験と知識を最大限に活用して独自でお客さまへのサービスを考えるのです。このように自分で考えて仕事を行なうことはエステティシャンとしてやりがいがあります。ちなみに最後の「離」はこの流れだと自分でエステサロンを持つことを意味します。

働いている人のコメントを確認しよう

エステ関係の仕事は大変と訴える人も多いですが、それよりもきつい環境の仕事は沢山あります。そんなきつい環境で働いてきた人からすればエステ関係の仕事は特に大変なものではないのです。

エステ業界で働いている人の感想

女性ばかりの仕事場の方が楽だった(40代/女性)

前は男性ばかりの職場で働いていました。自分の年齢も今よりずっと若かったこともあり、セクハラまがいのこともされ精神的にストレスが半端なかったです。ですから1年もしない内に退職することが多かったので、次は女性ばかりのエステで働こうと思いました。女性ばかりだとセクハラをされることもなく精神的にかなり楽になりました。

前の会社と比べて楽しく仕事ができる(20代/女性)

前職がかなりハードな仕事で体調を崩すことが多く、よく病院へ通っていました。入院、退院を繰り返していたので流石に迷惑がかかるのでやめようと思い自主退職を決意したのです。働いていた時は気づかなかったのですが、仕事内容はかなりハードでした。体調を崩してもおかしくないレベルだったことを知りました。今はエステで働いていますが、ここで働き始めてからは体調もすこぶる良くて楽しい毎日を送れています。

TOPボタン